Tブログ ドリームプロジェクト♪ ~東南アジアのエロ帝国を求めて~

東南アジアのエロ旅行が大好きなキャプテンTKの海外・国内のエロ旅行記 タイへの移住とタイビジネスを模索中。10人の彼女を作る夢と、1000人の赤貝への挿入を目標としている。恋愛、成功哲学、ゴルフも大好きな熱い男キャプテンTK

早朝、7:00頃に目覚めます!

ホテルの前に居た、タクシーと話をしてパタヤまで行ってもらいます。

値段は1,500B(約4,500円) → 妥当な金額らしい。

バスだと200B(約600円)ぐらいで行けるみたいですが、

バスがどこから出てるかも知らないし(笑)

まぁ、きっとタクシーの方が快適でしょう。

途中、サービスエリアみたいなところで、一回休憩をして、約2時間でエロビーチのパタヤに到着!

とりあえず、ホテルへチェックインです!

『LKルネッサンス』 1泊¥6,000ぐらいです。

今回は、パタヤから沖へ1時間ぐらいのラン島へ向かいます!

ビーチがめちゃキレイらしいので。

さっそく、水着に着替えてパタヤビーチへ向かいます!

途中、小腹が空いたので屋台で焼き鳥を購入!1本20B(60円)だったかな。

これが、激うまでし!!

パタヤビーチ自体はあんまりキレイではないですね~w

ここから、Mさんに予約してもらったスピードボートに乗り込み、ラン島を目指します!

たぶん、往復で2,500B(約7,500円)ぐらいだったと思う。

まぁ3人なんでOKでしょう!

別にフェリーもあるみたいですよ。そっちの方がかなり安いみたいですが、

VIP感覚を味わいたいので!!w

ラン島へ向かう途中に、人口の浮島があります。

そこでは、パラセイリングをしていましたよ。

TK達は、興味がないのでそのままスルーします。

さぁ、ラン島が見えてきました!!

おぉぉぉ!!! めちゃめちゃキレイ!!!

これは、男達で来る場所ではないですわぁ~!!

女の人を落とす場所ですね!はい!!w

しかし、ここはエローズ海賊団!

ここで、女の子をナンパしようという大作戦に出ることにしました!

キャプテンTKは誓うのです!!

P9030010 (2)



































かっちょいい!! キャプテンTK!!!!

と、意気込んでる後ろで・・・・・。

BlogPaint


























ドラゴンは、ビールにご飯を食べまくってます!!

いつのまに、こんなに頼んだんや!!!w

あれ、オレのコーラは!?

な~いw

「コ、コーラ プリーズ!!!」 と慣れない英語で注文すると、「わかりました」って

・・・・・・・・。

日本語しゃべれるんかい!!!w

TK達のお世話をしてくれる、ここの従業員は、めちゃオカマな感じの人でしたよw

とりあえず、水着ギャル達を見ながら食事をする事にしました。

しかし、ファラン(白人)ばかりやん!

タイギャルとかほとんどいないし(笑)

完全に、外国人向けのビーチですね~。

しかし、TKはあんまり生で白人ギャルの水着とか見たことなかったので、

結構刺激的でした!

でも、TKはアジア人が好きですw

まだ、韓国や中国の子が特に大好きですw

まだ韓国には行ったことはありませんが、KARAのスンヨンとか超サイコ~にかわいいです!

韓国には、近いうちに行ってみたいと思います。

一通り、お腹もいっぱいになり、目の保養もしたところで、ぶちキレイな海へ飛び込みに行きます!

この透明感すげ~w

魚があんまりいないのが残念ですがw

ギャルとキャキャと遊ぶには最適なビーチでしょうw

バナナボートやジェットスキーもありますし。

TK達3人もバナナボートを体験しました!

3人で1,500B(約4,500円)だったと思います。

落とされないように、頑張るけど、落とされますw

きっと皆さんも落とされるでしょう(笑)

適当に遊んでいたら、韓国人か中国人の若い団体が来ました。

学生かなぁ~。

男は男だけで遊んでるし、女は女だけで遊んでるw

これはチャンスでしょう!

ここで、コンシェルが登場です!

コンシェルの能力の見せ所です!キャプテンTKも一緒についていきます!

ドラゴンは・・・・・・・。また、ビール飲んでます(笑)

コンシェル、タイミングを狙ってゆっくりと近づいていきます!

そして、見事に一緒に写真をとってもらえる事に成功しました!!!!

さすが!

BlogPaint



















これが成功写真です(笑)

一番右のギャルかわゆす♥

やべ~写真撮影しながらFBPしちゃいそうですw

しかし、言葉も良くわからないし、男付でしたので、写真を撮らせてもらって終了でしたw

上出来でしょう(笑) いい旅の思い出が出来ましたねw

しばし、休憩していると、後ろの席に座っている人がどうも日本人ぽい。

ドラゴンさんがさっそく話かけていますw

この方は、タイギャルとそのお姉さんの家族を連れてここに来ているとのことでした!

すごいな~w

14:30頃にそろそろあきてきたし、人も少なくなってきたので帰ることにしました。

オカマちゃんに帰ることを伝えると、船が迎えに来てくれます。

食事の料金は、3,600B(10,800円)でしたw

意外と喰ったし飲んだなぁw

観光地という事もあって、全体的に高めですねw

水着のままで、そのままパタヤビーチへ戻ります。



TK達は、援助交際カフェ「テーメーカフェ」へ向かいます。

ソイカウボーイをターミナル21方面へ抜けて、アソークの大きな交差点に出ます。

その大きい通りを、ナナ駅方面へ歩いていきます。

5分~10分ほど歩いた右側にあります。

建物の右側に地下に下りる場所があって、そこから地下へ向かいます。

タイ在住のMさんの話では、ここのカフェの外で待機しているギャルは、

レディーボーイか過去にトラブルを起こした人が多いから、気を付けろとのこと。

そういう人は、お店に入れないシステムらしいです。

その点では、安心できますねw

地下に下りると、ドリンクを注文するカウンターがありますので、

そこで、まずドリンクを注文します。(ようするに、ワンドリンク制みたいな感じw)

もう一つ注意点は、トイレが有料・・・・。

海外ってそういうところ意外にあるよね。

まぁ5B(15円)ぐらいなんでw

テーメーカフェに行くときは、5Bコインを持って行きましょうw

店内を見渡してみると、意外と女の子が少ないです。

Mさん「時間が遅いから、少ないね」とのこと。

確かに現在時刻は、24時を廻ってます。

しかし、めちゃアピールしてくる女の子の2人組が居たので、その子達と話をすることにしました。

女の子達にもドリンクを御馳走してあげます。(一種のルールみたいな感じですかね)

1人は射程圏内ですw

明日からパタヤへ行くと話をすると、一緒に行ってもいいよって言ってますw

日本語もペラペラです。

しかし、TK達は今回が初タイです。

あまり慣れていないこともあり、疲れていたのと、ビビッてたので、

1時間ぐらい話をして、今日は解散することにしましたw

しかし、タイという国は凄い!

まだ、タイギャルと遊んでいないけど、めちゃくちゃ面白そうなムードが満載です!

明日は、バンコクから約2時間のエロビーチ「パタヤ」へ向かいます。

明日はどんな旅行になるか妄想しながら、心地よい疲れと共に睡眠しました。

舗装されていない道路を、また20~30分走ります。

こんなところにホテルあんのかって思うようなところですw

今日、泊まるホテルは

「エメラルダ ニンビン リゾート&スパ」

話に聞くと、すごく良いホテルらしいですが、

廻りの景色は・・・・・。

ホテルへ到着しました!

・・・・・。

・・・・・。

・・・・・。

いい!!!

すごくいい!!!

4993322_105_z










いかがでしょうか?(笑)

これで、1泊1人¥5,000ぐらいです!

食事は無しで。

まぁ確かに、ベトナムのニンビンという場所で考えれば、かなり高いですが

ホテルのレベルを考えるとかなり安いです!

日本の同レベルであれば、軽く2万は行きそうですw

一部屋一部屋がコテージのようになっていて、

10棟程度のコテージで1ブロックになっており、その中央にプールがあります。

そして、その集落のようなブロックがいくつもあり、その中央にもまたデカいプールがあります。

イメージできますかねw

部屋の中もけっこうキレイで、ここまでは大満足ですw

問題は、夜のご飯だ・・・・・・・。

昼間のような、悪夢のような御飯はもう嫌だけど、廻りに何もないので、お腹が空くのも嫌だしなぁ

とりあえず、考えても仕方ないので、期待することにしようw

少し休憩して、外に出てみると今回の通訳兼案内役の菊ちゃんが、プールで1人で

座って、水遊びしてます。

菊ちゃんの印象は、真面目な感じがあったので、少し印象が変わりましたw

意外とカワイイところあるなとw

そのあと、みんなと夕食をしにレストランへ行きます。

ど、ん、な、ご飯だろ〜

あ❗️


普通だw

普通にイタリアン的な食事で、草じゃなくて、サラダで良かった(≧∇≦)

お腹いっぱいで寝れますw

楽しくワイワイとみんなで食事をして、いろいろビジネスのことなども話をさせて頂きました。

エロがまったくありませんが、

最終日に、香港に一泊するのでそこにかけることにします(^○^)






このページのトップヘ