本日は、『脳をだませ』という題名でお送りします!



 人間の体を動かしたり、考えを生み出しているのは、全て脳です。



パソコンで言えば、CPUに当たる。



野球などのスポーツでいうと、監督だろうか。



全ての指令を出しているのが、脳ということになる。



喜びや嬉しさ、悲しみ、痛みや匂い、味の全てを脳が支配をしている。



ザ・シークレットの中で、毎日お笑い番組をみて、笑っていたら、がん細胞がなくたったという奇跡のような話があるが、



毎日笑顔で、その癌や病気という事を、脳が忘れてしまって、がん細胞を無くしたとも考えられる。



引き寄せの法則(ザ・シークレット)は、脳を完全に騙してやれば良いw



確かに、指を切れば、血が出て痛い。



でも、その痛いと認識しているのは、脳である。



痛くないと、痛くないと何度も何度も念じると、全くなくなるとは言えないが、和らぐ事は、TKも出来る。



さらに、39.5度という高熱があっても、仕事に行くと、仕事中は辛さが激減することは良くある。



『気が張っている』からと言われるが、科学的根拠などない。



39.5度という熱がある事は、事実です。



しかし、なぜ熱が下がったり、辛さが激減するのでしょうか?



脳の意識や潜在意識が、仕事に向いていて、熱や体調が悪いという事を忘れているからです。



こういう場面は、よくあると思います。



これは、脳を騙してる簡単な例です。



逆に、嘘泣きや仮病も同じような現象だと言える。



現実的には、悲しくもないけど、涙を流せる人がいます。



俳優さんや、女優さんは、そういう意味では脳を騙す天才ですね。



って事は、脳は、現実と嘘で起きてる事を区別できないのです。



ってことは、



何かを手に入れようとした時に、それを手に入れたかのように振る舞うと



脳は、それを手に入れようと考え、体を行動させていくという事になります。




脳を騙すことは、一番成功や幸せに近づく方法だと思います。




催眠術や、素質論、宗教、洗脳などありますが、全て相手の脳を騙してることです。



良くも悪くもです。



良い方向に、その能力を使えば良くなりますし、



悪い方向に、その能力を使えば悪くもなります。



物事には、全て光と闇、プラスとマイナス、良いと悪いなどと対極な事が、必ず存在しますので。



脳を上手く、騙して洗脳し、コントロールできたら、きっと幸せな成功が出来ると思います。




 成功するには、まず考え方を変えなければいけないが、それは脳を良い方向へ騙すのです。



そして、それが出来てくると、脳はそれを実現する為に体を動かして、情報を収集して始めるでしょう。


それが行動になってくる。