今回は、TKにとって永遠のテーマとも言えます。



人は、多かれ少なかれ『別れ』を経験します。



当然、別れがあれば出会いもあるのですけど。



そして、それは『=』であるという事も書いた事があります。



例えば、その別れた相手がレベル10の人だったとします。




すると、レベル10の人とまた出会うか、それと同じ数値になる人数の人と出会うと思っています。




当然、個人のレベルが上がれば相手のレベルも上がる訳です。




人間とはそうして、出会いと別れを繰り返していくのです。




と机上の上でそれが分かっていても、感情論では分かってくれません。




当然、悲しい訳です。



恋愛であれ、仕事のパートナーであっても。




TKの場合は、こういう事があると、そればっかり考えてしまいます・・・・・。




心が弱いんでしょうか??w




しかし、相手の人生をTKが決める権利はないという考え方をしてるので、




来るものは拒まず、去る者は追わずといったスタイルをしています。




でも・・・・このスタイルは、相当心が強くないと出来ないような気がします。





もともと寂しがり屋な性格のTKだし、かなり情が入る人間。。。




TKは、人が去っていくたびに、心にぽっかりと穴が空いた気分になる。




これ、どうにかならないかなぁ〜・・・・・。



なんか上手く描けないなぁ