さて、現在のブームといえば暗号通貨(仮想通貨)。


世界的にも、国の通貨以外で、通貨と認められたコインですね。


この波にうまく乗っていた人達は、いま億万長者(億り人)になっていますね。


昨年の12月にある人から、仮想通貨の話を聞きいろいろ調べたり、人の話を聞いたりして、



これは面白そうと思って、TKも、やっと取引所を開設してリップルを少しだけ購入しましたw


その他にも、いろいろと投資にお金を回してみました。


総額で100万ぐらいでしょうかね。(今、150万ぐらいに増えました)



まぁ投資には、絶対はないので、これから先はどうなるか分からないですけどね。


話は、少しそれましたが、本題に入ろうと思います。



これまで生きてきて、経済が大きく変わるポイントが何回もありました。


その時に上手くその波に乗って、それを掴んだ人は多くの富を得ているような感じがします。



TKが思い当たるその出来事と言えば、



・携帯電話の普及


・マクドナルドなどのフランチャイズ


・コンビニエンスストア


・インターネット、パソコン関連


・ラインなどのアプリやスタンプ


・仮想通貨


などなど。


そのどれもが、大きなお金を掴む事ができた可能性があったと思います。



ようするに、その時に勝負が出来るかどうかって事。



消費者に廻るか、売り手に回るか違いでしょう。



その時に、勉強して上手くその波に乗れれば、もしかしたら今頃、お金持ちになっていたかもしれませんね。



しかし、実際にはどれをやるにしても、ある程度のお金が必要になるのは確かです。



もちろん、失敗する事もあるでしょう。



TKもこれまでに、いろいろ投資などして、総額で1,500万円ぐらいは損失をだしていますw



まぁ、いうなれば何が成功して、何が失敗するとか未来になってみないと分からないですよね。



携帯電話なんて、電波もあまりなかったし、値段も高かったので売れると思ってなかったし。



コンビニとか、24時間で防犯の問題もあるし、スーパーより高いし、夜中に買い物に行く人いないだろって思ってたし。



仮想通貨も、数年前に知ってたけど、これがまさか通貨として認められると思ってなかったし。




通常は、上記のような考えを持った人が多く、多数決をとれば、きっと流行らないって当初は思うような人ばかりだったでしょうねw




それが、携帯電話は当たり前、海外と通話するのもLINEなどのアプリを使えば顔見ながら話せる時代。



コンビニは大繁盛してるし、てかなくては困るって思うほど。



フランチャイズのお店もたくさんあって、いつでも好きなものを食べれる。



さらには、国が発行したものでもない仮想通貨(暗号通貨)が、通貨として既に物を買う事もできる時代。



キャッシュレス化に動いているのが、もの凄い速さで進んでいる。



いづれ、国がお札を刷る時代は終わって、すべてデジタル管理されるような事になるかもしれませんね。



といったような、生きていれば、いろんな大きな富を入れられるようなチャンスが必ず数回はくると思う。



その時に恐れずにチャレンジして欲しいと思っている。



失敗しても、なんとかなるんです。



成功するまで、やり続けるから成功するんだと思います。